赤ちゃん専用のベビー布団は必要なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
S Danečkem ve velký posteliS Danečkem ve velký posteli / Honza Soukup

赤ちゃんの布団は、触ってみるとわかるのですが、敷布団の芯が硬いです。

スポンサードリンク

生まれて間もない赤ちゃんは骨が柔らかいため、
ふかふかの布団で背骨が歪まないようにする

ということと、
うつぶせ寝をしたときに、窒息しないよう、事故防止のため

という理由でベビー布団があるようです。

個人的には、ベビー布団はあったほうが(寝かせた方が)いいと思います。
ベビー布団で寝るのを嫌がる・・・という理由で一緒に寝たりする方もいらっしゃるようですが、
うちは、たまたまかもしれませんが、3人とも嫌がることなくベビー布団で寝ました。

親が一緒に寝てあげよう
と思ったら、そうなるような気がします。

赤ちゃんの顔に掛け布団がかからないか、とか
つぶしてしまわないか、と気を遣いよく眠れなくなります。

ベビー布団に寝かせるメリットとして、
最初の2点のほかにも、

メンテナンスしやすい

というのがあります。

生まれてすぐの赤ちゃんは、お布団にいる時間が長いです。
ミルクを吐いたり、ゆるゆるうんちがもれてしまったり、
布団が汚れる可能性がとても高いです。

それで、大人の布団に寝かせていたら、掃除が大変なんじゃないかと思います。

ベビー布団は、専用のシーツをつけますが、赤ちゃんが寝るところに薄手のタオルをひいたりすると、汚れの始末がしやすいです。タオルだけ交換すればいいですからね。

おねしょシーツは、裏がビニールなので蒸れやすいです。
赤ちゃんの時期には使用しないようにしてください。
(トイレトレーニングが始まってから使います)

布団は、大人のと同じように、晴れた日は干した方がよいです。
そのままひきっぱなしにしておくと、裏側がカビてしまうからです。

短時間でいいので、軽く干しておくと日光で殺菌もできて良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。